アレグラとアルコールの飲み合わせ、お酒飲んだ後でも大丈夫?




こんにちは!
現役ママ薬剤師の安美です。

今回は、アレグラ(フェキソフェナジン)とお酒の飲み合わせについて、薬剤師の私の考えをお話したいと思います。

花粉症やアレルギー性鼻炎、蕁麻疹によく使われるアレグラ(成分名:フェキソフェナジン)。

お世話になっているママさんも多いと思います。

鼻水や痒みがひどい時は毎日飲むことになるので、
お酒が好きな方は、
「お酒を飲んだ後にアレグラを飲んでもいいのかな?」
疑問に思うこともあるかと思います。

詳しくお話していきますね!



アレグラ(フェキソフェナジン)とアルコールの飲み合わせは?

一般的には、お酒と薬の飲み合わせはよくないです。

薬の種類によっては、
飲酒して体にアルコールが残っている状態で薬を飲むと
薬の効きめが強くなりすぎたり、副作用がでやすくなることがあるからです。

 

医療用のアレグラの添付文書(薬の説明書)には、アルコールとの相互作用があるとは書かれていません。

なので、
アレグラとアルコールの飲み合わせ自体は問題ないということになります。

といっても、
薬剤師的には、アレグラとお酒の飲み合わせは問題ないですよ!とは自信をもって言えません。

 

アレグラは、一般的には眠たくなりにくい薬です。

ですが、アレグラのような抗ヒスタミン剤の眠気の副作用には、個人差があります。

薬で眠たくなりやすい方は、
アルコールによって眠気が強くなるリスクもあるので、注意が必要なんです。

 

かといって、
アレグラを飲んでいる間は禁酒しましょう!
と人生の楽しみを奪うようなことも言えません・・・。

できるだけ、アルコールの影響をうけにくい飲み方をオススメしたいと思います。

 

お酒、アルコールの影響をうけにくいアレグラの飲み方

 

お酒を飲んだ後、体からアルコールが出ていくまでの時間は、性別や体重で違ってきます。

体重が約60kgの大人の男性の場合、
ビール中びん1本もしくは、日本酒1合もしくは、焼酎0.6合を飲んだ時、
このアルコールが体から消えるまでに約3~4時間かかると考えられています。
(アルコール健康医学協会より)。

なので、
お酒を飲んだ後にアレグラを飲む場合は、目安として、3~4時間は空けて飲む、
こうすると、アルコールの影響はほとんどなくなります。

 

アレグラの飲み方は一般的に、1日2回朝、夕です。

朝からお酒を飲む方はほぼいないでしょうから、
お酒を飲むのは晩酌程度にして、
アレグラを夕食後ではなく、寝る前に飲むようにすると、ちょうど間隔も3、4時間あいてよいと思います。

飲み会などで飲みすぎた時は、アレグラの服用はお休みしましょう。

次の日の朝に飲んでくださいね。

 

さいごに

というわけで、
アレグラ(フェキソフェナジン)とお酒の飲み合わせについて、薬剤師の私の考えをお話してきました。

眠気の副作用が出にくいアレグラですが、
アルコールの影響を避けるために、お酒を飲んでから3、4時間あけて飲むようにするとよいと思います。

花粉症や痒みが続くとイライラしがち。
お酒まで我慢してストレスをためるのは、体にも心にもよくないかなっておもいます。

ただ、お酒を飲みすぎると、症状も悪化してしまうので気をつけてくださいね!

 

■こちらの記事に、いろいろな花粉症対策をまとめているので、お役立てください!
花粉症の目や鼻のツライ症状を乗り切るための市販薬【薬剤師お薦め】