ロキソニンとリリカは併用可能?種類が違う鎮痛薬の飲み合わせ




こんにちは。
現役ママ薬剤師の安美です。

この記事では、解熱鎮痛薬のロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム)とリリカ(プレガバリン)の飲み合わせについて、現役薬剤師の私がお話します。

ヘルニアがあり整形外科で、リリカを処方されて飲んでいる。
今日は頭痛もひどくて、市販のロキソニンを飲みたい。

2種類以上の薬を飲む時に不安なのが、薬の飲み合わせ。

リリカもロキソニンも、痛みを抑える薬、
だけど、同時に飲んで併用してもいいの?
気になりますよね。

というわけで、ロキソニンとリリカの飲み合わせについて詳しくお話していきます。

この記事を読むと、飲み合わせに対する不安がかるくなると思います!

 



リリカ(プレガバリン)とロキソニンとの違い

リリカとはどんな薬?

リリカは比較的、新しい薬です。

過敏になった神経から出る痛みの信号を抑えることで、痛みをやわらげます。

リリカは神経の痛みに使う薬です。

もともとは、帯状疱疹(ヘルペス)の後の神経痛に対して使われていました。

現在は、リリカは、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、手根管症候群(手のしびれ感)、三叉神経痛、神経障害が原因の腰痛や肩こりなどに幅広く使われています。

 

私が勤める薬局でも、リリカはよく使われています。

帯状疱疹の後遺症の痛みやヘルニアの方が多いですね。

 

よく使われる薬ですが、リリカは副作用を訴える患者さんも多い薬です。

リリカの出やすい副作用は、眠気やめまい、ふらつきです。

むくみからくる体重増加の副作用も時々、聞きます。
(女性としては嫌ですよね)

特に、この副作用は飲み始めに出やすいので、体が薬になれるように、少ない量から飲み始めます。

そして、体が薬に慣れてきたら、痛みに効果的な量まで少しずつ薬の量を増やしていきます。

リリカは、薬の量のさじ加減が難しい薬なんです。

 

しかも、痛みに効果的といっても、痛みがゼロになくなるというよりは、痛みがやわらぐイメージです。

なので、効果を感じる前に副作用が出てしまったりして、続けられない方もいます・・・。

 

ロキソニンとリリカの違いとは?

リリカもロキソニンも痛みに効く薬で、整形外科領域でよく使われている薬です。

 

リリカは神経の痛みに効く薬です。

「チクチク」「ピリピリ」「ジンジン」という痛み、手足がしびれるような痛みに効果的です。

この神経の痛みは、ロキソニンが効かない痛み。

というのも、ロキソニンは炎症を抑える薬で、リリカとは痛みを抑えるメカニズムが違うからです。

つまり、ジンジンと痛む神経性の腰痛や、帯状疱疹のピリピリした痛みには、ロキソニンはほぼ効果がありません。

リリカの方が痛みを和らげることができます。

あと、ロキソニンは、鎮痛薬としては即効性があります。

それに対して、リリカは効果が出るまでに時間がかかる薬です。
(2週間~1か月くらいはかかることが多いです。)

整形外科領域で痛みに対してよく使われるロキソニンとリリカですが、こんな違いがあるんですね。

【ロキソニンとリリカの比較】

・効く痛みの種類が違う(リリカは神経性の痛み)

・効くまでの時間が違う(リリカの方が効果が出るまで時間がかかる)

 

ロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム)とリリカ(プレガバリン)は併用可能?


勤務先の薬局では、整形外科の処方せんで、ロキソニンとリリカが同時に出ることもあります。

「痛みに効く薬を2つも飲んで大丈夫なの?」不安になる患者さんも時々いらっしゃいます。

確かに、心配になりますよね。


でも、安心してください。

ロキソニン(ロキソプロフェン)とリリカには相互作用がありません。

痛みを抑えるメカニズムが違う薬なので、効果がかぶる(過剰になる)こともありません。

つまり、ロキソニンとリリカを同時併用しても問題ありません。

ヘルニアの治療でリリカを毎日飲んでいる。

ひどい頭痛がするから、市販のロキソニンを買って飲みたい。

そういう時も、飲み合わせに問題ないので、安心してください。

(医療用ロキソニンと市販薬のロキソニンは、同じロキソプロフェンナトリウムという成分です)

 

まとめ

ということで、
ロキソニン(ロキソプロフェン)とリリカ(プレガバリン)の飲み合わせについてお話してきました。

ロキソニンとリリカは、どちらも痛みを抑える薬としてよく使われます。
同時に併用しても問題ありません。

実際に、整形外科ではロキソニンとリリカが同時に処方されることもあります。

この記事で、飲み合わせに対する不安がかるくなったらうれしいです^^