当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

アレグラとパブロンは併用できる?飲み合わせに問題ない薬はコレ!

薬の飲み合わせ
スポンサーリンク

この記事では、アレルギー薬のアレグラ(フェキソフェナジン)と市販の風邪薬パブロンシリーズの飲み合わせについて、現役薬剤師の私が解説します。

こんにちは。
現役薬剤師の安美です。

花粉症でアレグラを服用中に、風邪をひいてしまった…。
そういう時に、市販のパブロンを併用していいか、飲み合わせに問題ないか、不安になることありませんか?

この記事を読むと、アレグラとの併用に問題ないパブロンはどれか、わかります。

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

アレグラ以外の抗アレルギー剤(アレジオン、クラリチン、ザイザル、デザレックス、ビラノアなど)とパブロンシリーズの飲み合わせの考え方も同じです。
ぜひ、参考にしてくださいね!

 

スポンサーリンク

パブロンとアレグラ(フェキソフェナジン)の併用は問題ない?

市販の風邪薬、パブロンにはたくさんの種類、シリーズがあります。
それぞれ含まれている有効成分が違いますので、アレグラとの飲み合わせについて、パブロンのシリーズ別に解説していきますね。

パブロン鼻炎シリーズ飲み薬とアレグラは併用できない!

パブロンには、パブロン鼻炎シリーズとして以下のラインナップがあります。

・パブロン鼻炎カプセルSa
・パブロン鼻炎速溶錠EX
・パブロン鼻炎カプセル小児用

この3つには、有効成分として、アレグラ(フェキソフェナジン)とは別の種類の抗ヒスタミン薬が使われています。
眠気などの副作用が増強される恐れがあります。
なので、パブロン鼻炎シリーズとアレグラと併用することはできません。

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

病院で処方される場合は、医師の管理下で2種類の抗ヒスタミン薬を併用する場合もあります。
ただ、市販薬の場合は、個人の責任となるセルフメディケーションなので、安全性を重視します。
添付文書の服用方法を守ってくださいね。

 

パブロン鼻炎アタックJLなどの点鼻薬とアレグラの併用は可能

パブロンには、鼻炎治療薬として点鼻薬もあります。

点鼻薬とアレグラの併用は問題ありません。
ただし、点鼻薬の使用は、鼻づまりがつらい時だけにして長期連用は控えるようにしましょう。

3種類あるパブロンの点鼻薬シリーズの中で、私がおすすめするのは、パブロン鼻炎アタックJLです。

・パブロン鼻炎アタックJL

 

パブロン鼻炎アタックJLの最大の特徴は、血管収縮剤ではなく、炎症を抑えるステロイドのみが有効成分であることです。

薬剤師:安美
薬剤師:安美

花粉症に点鼻薬の市販薬(血管収縮剤)を使う時に注意すべき副作用でお話しているように、血管収縮点鼻薬は、使い方を間違うと、鼻づまりが悪化することもあり注意が必要です。

さらに、パブロン鼻炎アタックJLのステロイド成分は、アンテドラッグ型ステロイド剤といって、体内に吸収された後に分解されてステロイドの全身への副作用は少ないと考えられています。

 

アレグラと併用可能なパブロンシリーズ飲み薬はパブロン50だけ!

パブロン鼻炎シリーズとアレグラは、同じ鼻炎に効く薬なので、
「併用したらいけないだろう」とイメージしやすいですよね。

でも、実は、パブロン鼻炎シリーズだけでなく、
他の風邪薬のパブロンシリーズにも、ほぼ全て抗ヒスタミン成分が含まれているんです!

・パブロンエースPRO(微粒、錠)
・パブロンメディカル(T、C、N)
・パブロンクオリティ錠
・パブロンエースAX(微粒、錠)
・パブロンSゴールド
・パブロンSα
・パブロンゴールド
・パブロンS咳止め

上記のパブロンシリーズには、抗ヒスタミン剤成分が含まれています。
そのため、添付文書に以下の記載があります。

本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください
他のかぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)

抗ヒスタミン剤を含有する内服薬=アレグラということで、パブロンゴールドなど記のパブロンシリーズとアレグラは併用できません。

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

アレグラだけでなく、アレジオン、クラリチン、ザイザル、デザレックス、ビラノアなども同じく併用不可です。


パブロンシリーズ(飲み薬)の中で、ただ一つ、抗ヒスタミン成分を含まないのが、パブロン50です。

・パブロン50

眠くなったり、尿が出にくくなる抗ヒスタミン薬、便秘を起こしやすいジヒドロコデインリン酸塩、糖尿病や高血圧に影響を与えるdl-メチルエフェドリン塩酸塩が入っていません。

こう、パブロン50の添付文書にはっきり記載されています。

パブロン50とアレグラ(フェキソフェナジン)との飲み合わせは問題ありません!

 

アレグラとの併用は大丈夫ですが、以下の記載があるので、薬の飲み合わせには注意してくださいね。

本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください
他のかぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

ちなみに、パブロン50の主な有効成分は、アセトアミノフェンと漢方の麦門冬湯(ばくもんどうとう)です。
花粉症でアレグラ服用中に、「のどが痛い」「咳が出る」という症状が気になったら、パブロン50を飲んで様子を見るというのも一つの選択肢ですね。

 

スポンサーリンク

まとめ:アレグラとパブロンは併用できる?鼻炎薬と風邪薬の飲み合わせ

市販の風邪薬パブロンシリーズと抗アレルギー薬アレグラ(フェキソフェナジン)の飲み合わせについてお話してきました。

パブロンにはたくさんのラインナップがあり、種類によって配合成分も違います。

パブロン50以外のパブロンシリーズの飲み薬には、抗アレルギー剤成分が配合されています。
そのため、パブロン50以外はアレグラとの併用はできません。

パブロン50とアレグラとの飲み合わせ、パブロン点鼻薬(3種類全て)とアレグラの併用は問題ありません。

アレグラ以外の抗アレルギー剤(アレジオン、クラリチン、ザイザル、デザレックス、ビラノアなど)も同じなので、注意してくださいね。