風邪薬パブロンとロキソニンやカロナールの飲み合わせ、併用できる?

薬の飲み合わせ
スポンサーリンク

こんにちは。
現役ママ薬剤師の安美です。

 

この記事では、解熱鎮痛薬として使われるロキソニン(ロキソプロフェン)やカロナール(アセトアミノフェン)と市販の風邪薬パブロンの飲み合わせについて、現役薬剤師の私がお話します。

腰痛でロキソニンを飲んでいるときに風邪をひいた、
市販の風邪薬を同時に飲んでいいのかな?

パブロンとロキソニンの飲み合わせって問題ないの?

気になりますよね。

というわけで、解熱鎮痛薬のロキソニンやアセトアミノフェンと併用できるパブロンについて種類別に詳しくお話していきます。

この記事を読むと、飲み合わせに対する不安がかるくなると思います!

 

 

スポンサーリンク

パブロンの成分はいろいろ!ロキソニンやカロナールとの併用にも注意

パブロンエースやパブロンメディカルはロキソニンと併用注意、カロナールは飲み合わせに問題なし


パブロンにはたくさんの種類があります。
詳しくは大正製薬HPをご覧ください

 

パブロンシリーズの中には、ロキソニンと同じタイプの解熱鎮痛薬、イブプロフェンが使われているものがあります。

非ステロイド抗炎症薬(NSAID)と呼ばれる解熱消炎剤で、ボルタレンなども同じタイプです。

 

・パブロンエースPRO(微粒、錠)

 

・パブロンメディカル(T、C、N)

 

・パブロンクオリティ錠
・パブロンエースAX(微粒、錠)

 

 

パブロンの解熱鎮痛成分イブプロフェンがロキソニンと同じ効き方をするタイプで重複するので併用できません。

すでにロキソニンを飲んでしまった場合は、この種類のパブロンを飲むのはやめましょう。

ロキソニンを飲んだけど、パブロンもどうしても飲みたい場合は、ロキソニンを飲んでからと4~5時間以上あけてから飲むようにしてください。

カロナールとの飲み合わせは効き方が違うので問題ありませんが、併用したからといって相乗効果があるわけではありません。

 

パブロンSゴールドなどはロキソニンとの飲み合わせは問題ないが、カロナールとは併用注意

以下のパブロンシリーズには、
ロキソニンとは違う作用機序(薬が効くメカニズム)の解熱鎮痛成分、アセトアミノフェンが配合されています。

・パブロンSゴールド

・パブロンSα

・パブロンゴールド

・パブブロン50

アセトアミノフェンはカロナールの成分名です。(同じ成分で違いはない)

詳しくはこちらのブログ記事で書いていますが、カロナールとロキソニンの飲み合わせは問題ありません。
ロキソニン(ロキソプロフェン)とカロナールの飲み合わせと違いは?

なので、ロキソニンを飲んだ後に、アセトアミノフェン配合のパブロンを飲んでも特に問題はありません。
「大丈夫かしら…」と不安にならなくて大丈夫です。

 

ただし、ロキソニンではなくカロナール(アセトアミノフェン)をすでに飲んだ場合は、成分が重複して過量になるので、パブロンSゴールドなどアセトアミノフェンを含むパブロンシリーズは併用しないようにしてください。
4時間以上、時間をあけるようにしましょう。

 

ちなみに、パブロンS咳止めには、アセトアミノフェンも入っていません。

ロキソニンやカロナールとの飲み合わせに問題はありません。

 

スポンサーリンク

まとめ

ということで、
市販の風邪薬パブロンとロキソニンやカロナールの飲み合わせについてお話してきました。

パブロンにはたくさんのラインナップがあり、配合成分も違います。

ロキソニンと同じ作用機序の解熱鎮痛薬のイブプロフェンを含むパブロンシリーズ、
・パブロンエースPRO(微粒、錠)
・パブロンエースAX(微粒、錠)
・パブロンメディカル(T、C、N)
・パブロンクオリティ錠
これらとロキソニンは、同時併用しないようにしましょう。
アセトアミノフェンとの飲み合わせには問題ありません。

この記事で、飲み合わせに対する不安がかるくなったらうれしいです^^

タイトルとURLをコピーしました