コンビニでは取扱いなしの経口補水液、アクエリアスとの違いは?




こんにちは!
現役ママ薬剤師の安美です。

今回は、熱中症対策の必須アイテム、
経口補水液とアクエリアスなどのスポーツ飲料の違いについて、お話します。

 

暑くなってくると、話題になるのが熱中症。

野球、サッカーとか、炎天下でお子さんが運動していると、ママも心配ですよね。

勤務先の薬局でも、夏は経口補水液(OS-1)がよく売れます。
(私も一本、家に常備しています。)
みなさん、熱中症対策しっかりしてます。

「どうして、OS-1はコンビニでは売っていないの?」

「アクエリアスとかポカリとはどう違うの?」
夏になると、薬局でよく質問されます。

詳しくお話していきますね!

 



コンビニでOS-1などの経口補水液の取り扱いがない理由

経口補水液とは?

経口補水液とスポーツドリンクの違い

経口補水液は、水分や電解質がすばやく吸収されるようにとつくられた飲み物です。

汗をかいたり、熱を出したり、嘔吐したり、
体から水が失われる時は、水だけ出なく、ナトリウムやカリウムなどの電解質も失われてしまいます。

なので、
脱水を予防するためには、
水だけでなく、電解質もあわせて補給することが大事です。

効率よく水分と電解質を補給できるのが、経口補水液です。

 

どうして経口補水液はコンビニでは売っていないの?

OS-1などの経口補水液は、病者用食品です。

食品つまり飲み物なので、コンビニやスーパーで販売することは可能です。

でも、食品とはいえ、脱水症状などの治療につかうもの。
年齢によって飲む量の基準もありますし、
高血圧や腎臓病といった持病にによっては、飲み方に注意しないといけません。

なので、
買う時に相談できる人がいる医師や薬剤師などの専門家のいる場所に、経口補水液の販売は限定されています。

OS-1の販売元の大塚製薬HPでは、売っている場所が明記されています。

 

【OS-1が売っている場所】
・病院内(売店・コンビニ・自動販売機)
・調剤薬局
・ドラッグストア
・大塚製薬の通販サイト オオツカ・プラスワン

 

私は胃腸炎で救急病院を受診したときに、そこの自販機でOS-1を買いました。

でも、いざという時に、コンビニに売っていたら便利ですよね。
あ、最近はドラックストアもコンビニに負けない数あるか・・・。

 

OS-1などの経口補水液とアクエリアスなどのスポーツ飲料の違い

経口補水液とスポーツドリンクの違い

スーパーなどで熱中症予防に!と売っているスポーツドリンク。
アクエリアス、ポカリスエットなどありますよね。

「経口補水液じゃなくても、アクエリアスでいいんじゃない?」
そう思うかもしれませんが、経口補水液とスポーツドリンクは違います。

スポーツ飲料は、経口補水液よりも、
糖分が多く、塩分濃度が低いので、水分の吸収効率が低いです。

つまり、すでに起きている脱水状態には、経口補水液の方が確実です。

例えば、
熱中症や胃腸炎で吐いたり、発熱したりしている状態は、経口補水液の出番!!

 

いつもはしょっぱく感じる経口補水液も、脱水状態ではおいしく感じます。

確かに、私も胃腸炎の時、全くしょっぱくなかったです^^;

 

【経口補水液とスポーツドリンクの成分の違い】

種類 製品名 ナトリウム(電解質) カリウム(電解質)
経口補水液 OS-1 多い 多い 少ない
乳幼児用イオン飲料 アクアライト 少しすくない 多い 少ない
スポーツドリンク アクエリアス OS-1の半分以下 OS-1の半分以下 多い
ポカリスエット OS-1の半分以下 OS-1の半分以下 多い

 

 

アクエリアスやポカリスエットといったスポーツ飲料は、汗の成分に近くつくられています。

熱中症で脱水症状が起きた時には足りませんが、
暑くて汗を書いた後、運動後やお風呂上りの水分や電解質補給としては十分です。

汗をかいて喉がかわいた時の水分補給という感じですね!

 

薬剤師 安美
経口補水液もスポーツドリンクも糖分が含まれています。
熱中症予防にいいからといって、お茶や水かわりに飲むのはやめましょう!!

 

さいごに

というわけで、
経口補水液とアクエリアスなどのスポーツ飲料の違いについて、お話してきました。

熱中症を予防するための水分補給としては、アクエリアスなどのスポーツドリンクでも十分です。

実際に、脱水症状が起きた時には、OS-1などの経口補水液の方が効率的に水分補給することができます。

経口補水液はコンビニでは売っていないので注意してくださいね。