眠気が少ないビラノアの注意点とアレグラとの比較、市販薬はある?




こんにちは!
現役ママ薬剤師の安美です。

花粉症の薬はいろいろありますが、
アレグラやザイザルと並んで、ビラノアという薬もよく使われるようになりました。

花粉症だけでなく、じんましんや肌の痒みにも使われています。

「新しい薬にしますね」とビラノアを処方された方もいるかもしれませんね。

 

眠気や口の渇きといった副作用が少ない、
薬の飲み合わせの心配が少ない、
ビラノアにはこんなメリットがある一方で、飲み方に注意しないといけないこともあります。

「ビラノアの市販薬はあるの?」
勤務先の薬局で質問されることもよくあります。

今回は、抗アレルギー薬ビラノアを飲む時の注意点と市販薬はあるのかについて、アレグラと比較しながら、詳しくお話していきます。

 



アレグラ(フェキソフェナジン)と比べたビラノアのメリット


ビラノアは、アレグラやザイザルと同じ抗アレルギー薬です。

アレルギーの原因となるヒスタミンをブロックして、症状を和らげます。

くしゃみ、鼻水、目の痒みがでる花粉症といったアレルギー性鼻炎やじんましん、肌のかゆみなどに使われています。

 

ビラノアの特徴は、まず、眠気の副作用がほとんどないことです。
添付文書でも、車の運転の制限などがありません。

アレグラも同じく眠たくなりにくいので、同じメリットですね。

 

仕事や子どもの送り迎えに車を運転することって多いので、眠たくならないことって重要ですよね^^

薬剤師 安美
私は、眠気が出やすいタイプなんですが、ビラノアでは全く眠たくなりませんでした。

 

もう一つのビラノアの特徴は、1日1回飲むだけで、1日中効果があることです。

アレグラは、1日2回の服用が基本。
1日1回ですむビラノアの方が、使いやすいというメリットがありますね。

忙しいママには、1日1回飲むだけというのは助かりますね^^

 

アレルギー性鼻炎の患者さんに対して、アレグラ(フェキソフェナジン)と同じくらいの効果があったと報告されています。

さらに、ビラノアはじんましんへの有効性が高いというメリットがあります。

 

ビラノアとアレグラ(フェキソフェナジン)の薬価(薬の値段)の比較

花粉症や鼻炎、じんましん、
ある程度の期間、薬を飲む時に気になるのが、薬の値段ですよね。

というわけで、
ビラノアとアレグラ、ジェネリック医薬品のフェキソフェナジンで薬の価格を比べてみました。

薬の名前 薬の値段
ビラノア 75.6円
アレグラ(先発品) 57.4円
フェキソフェナジン(ジェネリック医薬品) 30円*
23.2円

*オーソライズドジェネリックについてはこちらのブログ記事を参考にしてくださいね。
オーソライズドジェネリック医薬品一覧表、日本初のAGはアレグラ!

 

アレグラは1日2回の服用なので、57.4×2=114.8円。

1日1回の服用のビラノアの75.6円と比べると、1日あたり、約40円ほどビラノアの方が安いということになります。

ただ、アレグラのジェネリック医薬品と比べたら、ビラノアの方が少し高くなりますね。

 

 

眠気が少ない花粉症薬ビラノアを飲む時の注意点

ビラノアとアレグラの比較

ビラノアは、飲み合わせの心配はほとんどありません。

ただ、ビラノアの飲み方で気をつけないといけないことがあります。

というのは、
食事の影響でビラノアの吸収が悪くなるので、ビラノアは食後をさけて空腹時に飲むことです。

目安は、食事の1時間以上前か、食後2時間以上後。

ビラノアを朝に飲むなら、起きてすぐ、
夜に飲むなら、寝る前に飲むとちょうどいいタイミングになると思います。

 

もう一つ、注意点があります。
それは、2019年現在、ビラノアは15歳以上(大人)にしか適応がありません。

つまり、子ども(小児)には処方することができません。

今後、子どもも飲めるようになるかもしれませんが、2019年の時点では、大人のみとなっています。

薬剤師 安美
子どもの花粉症がひどいからといって、ビラノアを飲ませたらダメですよ!

 

 

花粉症薬ビラノアには市販薬やジェネリックもある?

 

ビラノアは、2016年に発売されました。

病院で14日間をこえて処方できるようになっていますが、ビラノアのジェネリック医薬品は、2019年現在はまだありません。

また、ビラノアは、2019年現在は市販薬は販売されていません。

なので、
ビラノアは病院を受診して処方してもらうしかないです。

ちなみに、
アレグラは、ジェネリック医薬品(フェキソフェナジン)もあり、市販薬も販売されています。

 

 

さいごに

というわけで、
抗アレルギー薬ビラノアを飲む時の注意点と市販薬はあるのかについて、アレグラと比較しながらお話してきました。

ビラノアもアレグラも眠気が少ない抗アレルギー薬です。

・1日1回の服用でよい
・くしゃみや鼻水といったアレルギー性鼻炎だけでなく、じんましんにも効果的
アレグラと比べてビラノアにはこんなメリットがあります。

ただ、ビラノアは、食前の空腹時に飲むという飲み方の注意点があります。
さらに、市販薬もジェネリック医薬品もありません。
(2019年現在)

眠気が少なく切れ味のよいビラノア。
勤務先の薬局でも評判がいいです!

飲み方に注意して、効果的に使っていきましょう。

 

■こちらの記事に、いろいろな花粉症対策をまとめているので、お役立てください!
花粉症の目や鼻のツライ症状を乗り切るための市販薬【薬剤師お薦め】