授乳中の頭痛や歯痛に役立つカロナールの市販薬、薬剤師オススメ3選!




こんにちは!
現役ママ薬剤師の安美です。

今回は、授乳中の頭痛や歯痛に役立つカロナールの市販薬のうち、特に私がオススメするものについて、お話します。

 

我慢できない頭痛や歯痛み、
すぐにでも薬を飲んでしのぎたいところだけれど、
授乳中だと、赤ちゃんへの薬の影響が心配ですよね。

授乳中でも安心して飲める解熱鎮痛薬がカロナールです。

薬局やドラックストアですぐに買うことができるように、薬剤師である私がオススメするカロナールの市販薬名もあげました。

それでは、詳しくお話していきますね!

 



カロナール(アセトアミノフェン)は、授乳中も服薬可能!

カロナールは授乳中でも飲める鎮痛薬です

授乳中でも安心の市販の頭痛薬、薬を飲んでも母乳を続けて大丈夫!でお話したように、ほとんどの市販薬の場合、決められた量と回数で使えば、薬を飲んでも授乳を続けることができます。

その中でも、カロナール(成分名:アセトアミノフェン)は、授乳中でも安全に使用できる薬の一つです。

勤務先の薬局でも、授乳中の風邪や頭痛、歯痛などでよく使われています。

カロナールは、ロキソニンと比べると炎症をおさえるはたらきは弱いですが、副作用も少なくて使い勝手がよい薬です。

 

赤ちゃんの発熱などにも、カロナールは、よく使われています。

なので、
ママが飲んだカロナールのうち、わずかな量が母乳に出たとしても、悪影響はないと考えられています。

 

とはいっても、薬の影響が心配というママさんもいますよね。
授乳中の薬は何時間あけるべき?赤ちゃんへの影響を防ぐための注意点を読んで安心してください。

 

カロナールと同じ成分の市販薬を買うことができる


医療用のカロナールと同じ成分、アセトアミノフェンを含む市販薬はいろいろとあります。
たくさんありすぎて迷うくらいです^^;

ただ、ここで注意しないといけないのが、
市販薬では、アセトアミノフェンは、一般的な風邪薬や頭痛薬に他の成分と混ざって入っていることも多いです。

余計な成分が入っていると、眠たくなったり、胃腸の負担になったりと副作用が出やすいこともあります。

なので、
頭痛や発熱時に使う場合は、アセトアミノフェンだけが入った薬の方が使いやすいです。

 

それでは、早速、薬剤師の私がオススメする授乳中でも安心な市販のカロナールをご紹介していきますね!

 

市販のカロナール1:タイレノール


処方薬のカロナールと同じ成分の市販薬として有名なのが、タイレノールです。

 

タイレノールAはカロナールと同じ成分のアセトアミノフェンを1錠中に300mg含む製品です。

カロナールのうち、カロナール錠300と全く同じ成分量となります。

【タイレノールA錠の用法用量:1回に飲む量】
・15才以上:1錠(アセトアミノフェン約300mg)
*15才未満 服用しないこと

処方薬のカロナールと市販薬のタイレノールAは同じ成分ですか?でも、詳しくお話しています。

ノーシンAcは、カロナールと同じ成分のアセトアミノフェンを1錠中に150mg含む製品です。

【ノーシンAc錠の用法用量:1回に飲む量】
・15才以上:2錠
・7才~14才:1錠
*7才未満は服用しない

 

1錠中に、アセトアミノフェンが100mg含まれています。

【バファリンルナJの用法用量:1回に飲む量】

・15歳以上:3錠(アセトアミノフェン約300mg)
・11才以上~15才未満:2錠(200mg)
・7才以上~11才未満:1錠(100mg)
*7才未満 服用しないこと

水なしで飲めるチュアブル錠で、フルーツ味です。

 

薬剤師 安美
15歳以上の1回に飲む量、
タイレノールA錠を1錠、
ノーシンAc錠を2錠、
バファリンルナJを3錠とは、アセトアミノフェン300mgと同じことになります。

 

子ども用のカロナールの市販薬もあります。
詳しくは、市販のカロナールで子どもの頭痛に使えるものは?薬剤師オススメの選び方をご覧ください。

 

というわけで、
授乳中の頭痛や歯痛に役立つカロナールの市販薬で私がオススメする3つについて、お話しました。

授乳中に薬を飲むのは不安になるかもしれませんが、
いざという時は、我慢せずに安心して飲める薬を選んでくださいね。

その時に、この記事がお役にたつとうれしいです!

薬剤師 安美
頭痛薬を飲む量や回数は決められた通りにしてくださいね。
市販薬で治らない場合は、赤ちゃん連れで大変かもしれませんが、必ず受診してください!