ロコアテープを腰痛に使う時の注意点、ロキソニンと併用して大丈夫?




こんにちは!
現役ママ薬剤師の安美です。

今回は、最近よく腰痛に使われる湿布のロコアテープの注意点について、お話します。

 

子育て中に腰の痛くなることありませんか?

確かに、抱っこやオムツ替えとか、無理な姿勢になりがちですよね。

私は、子どもの陸上競技の応援で腰痛になりました^^;
一日中、競技場の固いイスに座っていたのがよくなかったようです・・・。
ぎっくり腰のような痛みで、イスに座ったり、運転するのも大変でした。

 

その時に役に立ったのが、湿布のロコアテープです。

ロキソニンテープやモーラステープと比べて、新しい湿布薬のロコアテープ。
あまり知らないママさんも多いかもしれないですよね!

ロコアテープには、使い方に気をつけないといけない点もあります。
詳しくお話していきますね^^

 



腰痛によく使われるロコアテープとはどんな湿布?

ロコアテープ

ロコアテープの特徴

ロコアテープは、関節の痛みに効果的な貼り薬です。

痛みを抑える成分が、皮膚から入って腫れや痛みを和らげます。

ロコアテープは、1日1回貼ることで効果が出る湿布です。

しかも、1日最大2枚まで(同時に2枚以上貼らない)いう注意書きがあります。

 

時々、間違える患者さんがいらっしゃるのですが・・・
腰に1枚、肩に1枚貼ったら、合計2枚使用というわけで、それ以上は貼っちゃいけません。

腰に1枚貼って、
さらに、1枚のロコアテープをはさみで切って、肩に1枚(半分)、手首に1枚(半分)貼ったという場合は、合計2枚でOKです。

薬剤師 安美
ロコアテープを切って使うのは問題ないですよ!

 

ロキソニンテープやモーラステープなど湿布っていっぱいありますよね。

でも、1日に使える枚数が決まっている湿布って、ロコアテープだけです!

どうしてなのか?というと、
ロコアテープの吸収がよいからなんです。

ロコアテープを2枚貼るだけで、薬として飲んだ場合と同じ血中濃度になるそうです。

 

 

つまり、ロコアテープはとてもよく効く湿布ということ!

確かに、私がロコアテープを使った時も、3日間ほどで激痛が和らぎました^^
ロコアテープには、ハッカ油も使われています。
なので、貼るとスーッとする感じがします。
このハッカ油も吸収を高めるために一役かっているそうですよ!
ロコアテープの主成分は、エスフルルビプロフェン。以前から使われているアドフィードパップという湿布があります。
その有効成分の活性体(有効成分)のS体のみを取りだして成分とし湿布薬です。
消炎・鎮痛作用が強いうえ、経皮吸収性に優れ、また光毒性がみられないという特性から、

ロコアテープの市販薬やジェネリック医薬品はある?

ロコアテープは、2016年から販売されたばかり。

なので、まだロコアテープのジェネリック医薬品(後発薬)はありません。
(2019年現在)

ロコアテープと同じ成分の市販薬の湿布も販売されていません。
(2019年現在)

 

ロコアテープを使う時の注意点

 

ロコアテープとロキソニンは併用しないこと!

特徴のところでも説明したように、
ロコアテープはとても吸収がよい湿布です。

ロコアテープの大きなメリットですが、
飲み薬と同じように、飲み合わせに気をつけないといけません。

 

ロコアテープの痛みを抑える成分が、皮膚から吸収されて体全体へと巡ります。

なので、飲み薬や坐薬など、他の鎮痛薬との併用は、胃腸への負担になるリスクがあります。

基本的には避けるべきだと私は思います。

湿布だけど、ロコアテープとロキソニンなどの鎮痛薬の飲み合わせに注意が必要です。

 

薬剤師 安美
ロキソニンとの併用は避けるべきだと考えます。
私の腰痛の場合、ロコアテープのみでかなり痛みが和らいだので、鎮痛薬は必要ありませんでした。

 

インフルエンザ流行時のロコアテープの使用は注意が必要です。
インフルエンザの関節痛や腰痛に湿布薬を貼っても大丈夫?で詳しく解説しているので、参考にしてくださいね!

 

 

粘着力が強力なロコアテープを剥がすコツ

ロコアテープは、湿布の粘着力が強いです。

確かに、私が腰痛で使った時も、ロコアテープを剥がすときに、皮膚がのびているのを感じました^^;

肌が弱い方にはツライですよね。

そういう時には、お風呂に入っているときにロコアテープを剥がすとよいです!

薬剤師 安美
ロコアテープには、水に塗らすと剥がれやすい特徴があります。

さいごに

というわけで、
最近よく腰痛に使われる湿布のロコアテープの注意点について、お話してきました。

ロコアテープは吸収がよい湿布です。

・1日1回、最大2枚までの使用にすること

・ロキソニンなどの鎮痛薬とは併用しないこと

注意点を守って使えば、腰痛や肩こりでつらいママを強力にサポートしてくれる湿布です。