ステロイド市販薬のテラコートリル軟膏の使い方、ニキビにも有効?

市販薬:ステロイド

こんにちは! 現役ママ薬剤師の安美です。

肌トラブルに気づくのって、お風呂上りの夜が多くないですか?

今から病院は受診できない・・・
そういう時に役立つのが、市販の炎症を抑える塗り薬です。

この記事では、市販のステロイド配合の塗り薬、テラコートリル軟膏aの使い方について、解説します。

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

テラコートリル軟膏をニキビに使う方もいるようですが、薬剤師的にはあまりおすすめしません。
その理由もお話しますね。

 

スポンサーリンク

テラコートリル軟膏aはステロイドと抗生物質(ニキビの原因のアクネ菌に有効)含有の市販薬

テラコートリル軟膏には、2つの成分が入っています。

・ステロイド(ヒドロコルチゾン):かゆみや腫れなどの炎症を抑える

・抗生物質(オキシテトラサイクリン塩酸塩):化膿を防ぐ

 

 

テラコートリル軟膏は顔に塗ることができる強さのステロイド

 

テラコートリル軟膏は、ステロイドの強さのランクの中では、1番弱い(Weak)のステロイドになります。

*市販のステロイド軟膏の強さランク一覧はこちら。

 

顔は皮膚がうすく、血流がよいので、ステロイドが吸収されやすい場所です。

基本的に、顔にステロイドを使う時には、普通(medium)以下の強さランクのステロイド塗り薬を使います。

テラコートリル軟膏は、ステロイドの強さとしては弱い(Weak)。
顔に使うことができる強さのステロイドです。

*ただし、「顔面には、広範囲に使用しないでください」と注意書きがあります。

 

テラコートリル軟膏の抗生物質はニキビの原因となるアクネ菌にも対応!

テラコートリル軟膏の抗生物質は、テトラサイクリン系といわれる種類。

「グラム陽性菌及び陰性菌などに広い抗菌力を示す」とあるように幅広い抗菌力があるので、細菌に引き起こされるさらなる炎症や化膿に効果があります。

ニキビの原因となるアクネ菌も殺菌し、増殖を防ぎます。

他の市販薬では、テラマイシン軟膏aに含まれています。
(テラマイシン軟膏aにはステロイドは含まれていません)

 

スポンサーリンク

テラコートリル軟膏は湿疹、あせもや虫刺され、とびひに効果的!

テラコートリル軟膏の効能効果はこちらです。

【効能・効果】
化膿を伴う次の諸症:湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫さされ、じんましん 化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

ちなみに、
めんちょうとは、毛穴や汗腺に細菌が感染して起きた炎症。

毛のう炎とは、毛穴の奥の毛根を包んでいる部分(毛包、毛嚢)に細菌が感染して起きた炎症。

毛包炎は一般的に「おでき」です。

見た目はニキビと似ていますが、原因となる細菌などが違います。

 

抗生物質が入っているので、化膿を伴う湿疹や肌トラブルに効果的ということになります。

特に、あせもや虫さされが悪化したとびひは、早く症状を抑えることが大切です。

私も以前、ひどい虫刺され(蚊)になったことがあります。
もうあっちこっち刺されまくって痒いのなんの…。

掻いて化膿しかけていたところもあったのですが、
備えておいたステロイド軟膏(テラコートリル軟膏とは種類が違うけど、ステロイドと抗生物質の両方が配合されていた軟膏)を塗って、事なきを得ました(^-^;

ちょうど日曜日で皮膚科も受診できなかったので本当に助かりました!

こんな風に休日や夜間など皮膚科を受診できない時に備えておくと安心ですよ。

もちろん、薬局やドラックストアで買うこともできます!

 

テラコートリル軟膏を手荒れに使う時の効果的な使い方

病院では手荒れの傷には、リンデロンVG軟膏が処方されることが多いですが、
リンデロンVGよりもステロイドの強さランクが低いテラコートリル軟膏でも十分効果はあります。

というのが、
うちの子どもがアルコール消毒の手荒れで処方されたのが、テラコートリル軟膏と同じ強さのロコイド軟膏だったからです。

手荒れでテラコートリル軟膏などのステロイド軟膏を使う時には、使い方にポイントがあります。

手荒れの方はだいたい保湿クリームも使っていますよね。

手荒れでステロイド軟膏を使う時は、
手荒れで傷のようになっている部分だけにステロイド軟膏を塗る
手のかゆみや湿疹といった症状がない部分は保湿クリームを塗る
というように使う場所を分けるのもポイントです。

テラコートリル軟膏は市販薬と処方薬で違いはなし!ただし、口内炎には注意!

 

市販薬は、テラ・コートリル軟膏aですが、
テラコートリル軟膏には病院で処方される医療用もあります。

市販薬と処方薬でテラコートリル軟膏の成分も配合量も違いはなく、同じです。

ステロイドの塗り薬の場合、市販薬になると配合量が少なめなことが多いので、
医療用と同じ量が入っているというのは、市販のテラコートリル軟膏の大きな特徴だと思います!

 

ただし、市販薬と処方薬でテラコートリル軟膏に認められている効能効果が違うんですね。

大きいのが、市販のテラコートリル軟膏には、口内炎への適応がないということです。

市販のテラコートリル軟膏を口内炎で使う時は自己責任となるので要注意です!

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

口腔粘膜に直接塗る=抗生剤を飲むのと同じ、という考えで市販のテラコートリル軟膏の効能効果には口内炎がないようです。

 

 

薬剤師の私がテラコートリル軟膏のニキビへの使用をおすすめしない理由

テラコートリル軟膏の抗生物質成分は、ニキビの原因となるアクネ菌にも効果があります。

「テラコートリル軟膏はニキビにも効く便利な市販薬!」という方もいるようですが・・・
個人的にはニキビにテラコートリル軟膏を使うのはおススメできません。

理由を一つずつお話ししますね。

 

一般的にニキビの治療ににステロイドは使わない

日本皮膚科学会のニキビ(尋常性痤瘡)治療のガイドラインでは、
炎症性皮疹にステロイド外用を推奨しない
となっています。

私も薬局での勤務でニキビにステロイドが使われた症例を見たことがありません。

というのが、
ステロイドを長期的に塗ると、むしろ、ニキビができやすくなるといわれているからです。

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

ステロイドには免疫を抑える働きもあります。
塗った部位の皮膚の免疫が下がると、細菌がついてニキビができやすくなると考えられています。

 

せっかくニキビの赤みがよくなったと思っても、
使い続けて、ニキビができやすい肌になったら悪循環が断ち切れないですよね。

テラコートリル軟膏は顔に使うことができる弱いランクのステロイドですが、長期間使うと積み重なって悪影響を及ぼす(皮膚が赤くなる、薄くなるなど)おそれもあります。

なので、
個人的にはステロイドが入っているテラコートリル軟膏をニキビに使うのはおすすめできません。

 

テラコートリル軟膏は白ニキビには効果が期待できない!

まず、抗生物質が効くニキビは、アクネ菌が原因で起きるいわゆる赤ニキビや黄ニキビ。

毛穴の中に皮脂が溜まってできる白ニキビには、テラコートリル軟膏は効果がありません。

 

ニキビを市販薬で治したい場合は、テラコートリル軟膏よりも、ステロイドが入っていない市販のニキビ治療薬を使うことをおすすめします。

どの種類のニキビにどんな市販のニキビ治療薬を使ったらよいか迷った時は、こちらのブログ記事を参考にしてくださいね!

 

「どーしても、市販のテラコートリル軟膏で今すぐニキビを治したい!」
という場合は・・・

以下のことに気をつけて使ってください。

炎症が起きている赤い部位だけにピンポイントで塗るようにしましょう。

めん棒に軟膏をつけて、ちょんちょんと塗る感じです。

そして、2-3日塗って治らなかったら中止して皮膚科を受診するようにしましょう。

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

テラコートリル軟膏は、ニキビ跡には効果がありませんのでご注意を!

ステロイドの塗り薬の使い方については、【薬剤師解説】ステロイド軟膏の効果的な塗り方3つのポイントを参考にしてくださいね!

 

さいごに

というわけで、
市販のステロイド配合の塗り薬、テラコートリル軟膏aについてお話ししました。

・テラコートリル軟膏は、ステロイド剤と抗生物質が入っている。

・市販薬と処方薬のテラコートリル軟膏は成分も配合量も同じ。

・顔に塗ることもできる強さのステロイド。

・化膿した湿疹、あせも、とびひ、手荒れ、傷に効果的。

テラコートリル軟膏にはこのような特徴があります。

 

ドラックストアに買いにいく暇もない
という人には、ネット通販のメール便なら、家に帰ったらポストに届いているので、手間要らずでおすすめです。

 

赤ニキビの原因となるアクネ菌に対する効果がある抗生物質が配合されていますが、ニキビへの使用は薬剤師的にはおすすめしません。

ニキビだけでなく他の肌トラブルの時も、数日使用しても改善しない場合は中止して受診するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました