黄ニキビから膿が出てきたらどうする?薬剤師が教える市販薬と対処法

市販薬
スポンサーリンク

こんにちは、ママ薬剤師の安美です。

「化膿した黄ニキビができて痛い」
「大きな黄ニキビから膿が出てきたらどうしよう」
と悩んでいませんか?

見つけると潰したくなる黄ニキビですが、潰すのはNGです!

黄ニキビを早く治したいあなたのために、
この記事では、黄ニキビができてしまった時の対処法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

黄ニキビはしっかり治してニキビ跡(痕)を防ごう!


ニキビは「尋常性ざ瘡」という皮膚の病気です。

皮脂の分泌量が多すぎると、不要な角質とともに毛穴につまることでニキビになります。

この毛穴がつまって毛穴が膨らんでいる状態がコメド(面ぽう)、白ニキビ黒ニキビです

 

皮脂がつまったところにニキビの原因となるアクネ菌が増殖して炎症を起こすと、赤ニキビとなります。

薬剤師:安美
薬剤師:安美

赤ニキビについては、顔の赤ニキビによく効く市販薬は?薬剤師が教える大人ニキビの治し方に詳しく書いていますので参考にしてくださいね。

 

この赤ニキビの炎症が悪化し、化膿してしまった状態が黄ニキビです。

 

ニキビの中心あたりに黄色い膿が見えます。
この膿の中には、ニキビの原因菌であるアクネ菌だけでなく、黄色ブドウ球菌など他の最近も入り込んでどんどん増えていきます(怖い!)。

 

さらに、黄ニキビが重症化してしまうと、ニキビ跡(痕)ができたり、皮膚が凹んでクレーター状になってしまうことも・・・。

 

一般的に、大人ニキビは、白いニキビよりも赤いニキビや黄ニキビの方が多いです。

治りにくいニキビ跡(痕)の予防のためにも、
ニキビの最終形態の黄ニキビの段階で早めに改善していきたいですよね。

 

スポンサーリンク

市販のニキビ治療薬なら黄ニキビが潰れる前にすぐにケアできる!

黄ニキビを潰してしまうと、炎症が広がってニキビが悪化したり、ニキビの周りの皮膚を傷つけてしまいます。

なので、黄ニキビは潰さずに治していくことが大切です。

病院に行く時間がない・・・
すぐに黄ニキビを対処したい!

そういう場合は、市販のニキビ治療薬でまず黄ニキビをケアすることも選択肢のひとつになります。

それでは、大人ニキビに多い黄ニキビにおすすめの市販薬をご紹介します。

 

黄ニキビの市販薬(塗り薬):ペアアクネクリームWよりメンソレータム アクネス25がおススメ!

 

黄色ニキビは炎症だけでなく化膿も起きている状態。
なので、炎症を抑えるだけでなく、化膿に対して抗菌作用をもつ成分が必要になります。

 

市販のニキビ治療薬では、赤ニキビの市販薬に含まれている炎症を抑えるイブプロフェンピコノールに、アクネ菌を殺菌するはたらきがあるイソプロピルメチルフェノール(IPMP)を含むものが最適です。

つまり、黄色ニキビには、抗炎症+抗菌作用の両方をもつニキビ治療薬がベスト!というわけですね。
黄ニキビになりそうな赤ニキビにもよいです。

アマゾンのニキビ治療薬ランキングの1位だったり、ドラックストアで目立つところに置いてあったりするのがペアアクネクリームWです。

 

・ペアアクネクリームW 

・ペアアクネクリームWの有効成分
イブプロフェンピコノール(抗炎症作用):3%
イソプロピルメチルフェノール(アクネ菌の殺菌作用):0.3%

 

 

このペアアクネクリームWより抗菌作用成分濃度が高いのが、メンソレータム アクネス25 メディカルクリームcです。

・メンソレータム アクネス25 メディカルクリームc

・メンソレータム アクネス25 メディカルクリームcの有効成分
イブプロフェンピコノール(抗炎症作用):3%
イソプロピルメチルフェノール(アクネ菌の殺菌作用):1%

 

メンソレータム アクネス25 メディカルクリームcは、イソプロピルメチルフェノール(アクネ菌の殺菌作用)がペアアクネクリームより3倍高い濃度となっています。

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

やはり、抗菌成分の濃度が高いメンソレータム アクネス25 メディカルクリームが個人的には黄ニキビにイチオシです!

ちなみに、ペアアクネクリームWもメンソレータムアクネス25メディカルクリームともに、ノンステロイドです。
肌に塗ると透明になるのでメイクや外出の邪魔にもなりません。

 

スキンケアに気をつけているけどニキビが改善しない、繰り返すニキビが憂鬱、
という場合にも、医薬品を使った方が治りが早いと思います。

また、薬剤師的には、黄ニキビに市販のテラコートリル軟膏はオススメしません。
その理由はこちらの記事、ステロイド市販薬のテラコートリル軟膏の使い方、ニキビにも有効?に詳しく書いています。

黄ニキビの治療に使われる皮膚科の薬

市販のニキビ治療薬を使っても黄ニキビが治らない場合は、皮膚科を受診するようにしましょう。

皮膚科での黄ニキビの治療には、抗菌薬の飲み薬と塗り薬が使われることが多いです。

 

【黄ニキビの治療に使う飲み薬】

・抗生物質(飲み薬)

商品名 一般名
(ジェネリック医薬品)
飲み方
ミノマイシン ミノサイクリン 1日1、2回
ビブラマイシン ドキシサイクリン 1日1、2回
ルリッド ロキシスロマイシン 1日2回

 

【黄ニキビの治療に使う飲み薬】

・抗生物質(塗り薬)

商品名 一般名
(ジェネリック医薬品)
塗り方
ダラシンTゲル、ローション クリンダマイシン 1日2回
アクアチムローション、クリーム、軟膏 ナジフロキサシン 1日2回
ゼビアックスローション ジェネリックはない 1日1回

・ディフェリンゲル
毛穴のつまりを取り除き、新しいニキビができるのを抑えます。
黄ニキビの治療では抗生物質の塗り薬と併用することが多いです。

 

・ベピオゲル
強い酸化作用があり、アクネ菌を殺菌すると同時に毛穴のつまりを改善します。
黄ニキビの治療では抗生物質の塗り薬と併用することが多いです。

 

・エピデュオゲル:ディフェリンゲルとベピオゲルを合わせたもの

抗生物質の塗り薬とディフェリンゲルやベピオゲルを併用する場合は、
入浴や洗顔後、ディフェリンゲルやベピオゲルを塗った後に、ニキビだけに抗生物質の塗り薬を塗るようにしましょう。

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

ディフェリンゲルやベピオゲルは、使い始めに肌がヒリヒリする、赤みがでるといった副作用が出ることがあります。
なので、初めて使う場合は、顔全体に塗るのではなく、ニキビの周辺(少し広めに)にまず塗るようにしましょう。

使い続けているうちに慣れることが多いですが、気になる場合は、保湿剤を塗った後にディフェリンゲルやベピオゲルを塗るとよいです。
ひどくかぶれた時はすぐに皮膚科を受診しましょう。

 

黄ニキビが潰れて膿が出てきた時はどうしたらよい?

黄ニキビは膿がたまり皮膚がうすくなって潰れやすい状態です。

「潰すつもりがなくても、いつの間にが潰れてしまった」
「黄ニキビから膿が出てきた」
という場合は、とにかく、潰れたニキビから雑菌が入らないように清潔に保つようにしましょう。

そのためには、まず触らないようにすることが大切です。
(手は基本的に雑菌がいっぱいですからね^^;)

 

潰れたニキビに残った膿を押し出したりするのも厳禁です!
治りにくくなってしまいます。

黄ニキビが潰れた所に膿や血が付いている場合は、ティッシュなどで傷を刺激しないようにやさしくふき取ってください。
(滅菌ガーゼがあれば使ってください)

そして、潰れたニキビの痛みがひどい、赤く腫れている場合には、できるだけ早く皮膚科を受診するようにしましょう。

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

市販のニキビ治療薬を1週間ほど使っても黄ニキビの改善がみられない場合も皮膚科の受診をおすすめします。

 

まとめ:黄ニキビから膿が出てきたらどうする?薬剤師が教える市販薬と対処法

というわけで、
大人ニキビによく見られる黄ニキビの対処法についてお話ししてきました。

ニキビの最終形態の黄ニキビを自分で潰すのはやめましょう。

早く黄ニキビに対処したい場合は、炎症を抑える成分とアクネ菌に対してはたらく市販のニキビ治療薬も役立ちます。

とくに、アクネ菌に対する成分を高濃度に含むメンソレータム アクネス25 メディカルクリームcをおすすめします。

ドラックストアに買いにいく暇もない
という人には、ネット通販のメール便なら、家に帰ったらポストに届いているので、手間要らずでおすすめです。

ただし、1週間ほど市販薬使っても黄ニキビの改善がみられない場合は、皮膚科を受診するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました