折り畳み傘のカビの取り方!汚れと臭いを家でスッキリ取る方法




こんにちは。
ママ薬剤師の安美です。

折り畳み傘って、つい濡れたまま片づけてしまいがち。

そして、そのままにしていると、黒い点々のカビや臭いがついてしまうことも・・・。
嫌ですよね^^;

濡れた傘のカビや臭いが、家で簡単にスッキリ取れたらいいとおもいませんか?

そこで、今回は、折り畳み傘のカビのとり方について、家でできる方法をご紹介します!

 



折り畳み傘のカビをとり方

傘にカビがつく原因とは?

空気中のほこりの中には、カビや雑菌が含まれています。

そして、雨と一緒に、傘の布地についてしまいます。

傘が乾けば、カビや雑菌が増えることはありませんが・・・
濡れたままだと、その水分を利用して、黒い点々や臭いの原因となるカビや雑菌が増えてしまいます。

特に、折り畳み傘だと、濡れたまま片づけてしまいがちなので、要注意です!

子どもが使った後は、チェックが必要ですね。

もし、カビや臭いがついてしまった時は、この方法で、家で傘を洗ってみましょう。

 

台所用洗剤、中性洗剤で傘のカビや汚れは取ることができる!

まず、試して欲しいのが、台所用洗剤や食器用洗剤(中性洗剤)を使ったとり方です。
中性洗剤でカビを浮かび上がらせて取る感じです。

傘を洗うときは、お風呂場でするとやりやすいです!

最後に乾かすので、いいお天気の日がオススメです^^

■STEP1:中性洗剤をぬるま湯に薄める。
(目安は、バケツ一杯に中性洗剤を1~2滴)

■STEP2:やわらかい布や古タオルで傘の汚れを洗う。
*洗うときは、あまり強くこすらないようにしましょう。

■STEP3:傘を水でよくすすぐ

■STEP4:しっかり乾かす
*日にあてると、色落ちや黄ばみの原因になるので、注意!

 

しつこい傘の汚れには、重曹もオススメ

中性洗剤でも落ちなかった時は、重曹も試してみるとよいです。

ナチュラルクリーニングにも使われる重曹。

重曹は消臭効果も期待できます!

■STEP1:傘が入るくらいの大きなゴミ袋に重曹(約大さじ1)と水(1L)を入れる。

■STEP2:2時間ほど傘をつけてしばる(つけおき)。
*傘は閉じたままでOK。

■STEP3:あたたかいお湯でしっかりとすすぐ。

■STEP4:しっかり乾かします。
*日にあてると、色落ちや黄ばみの原因になるので、注意!

 

さいごに

というわけで、折り畳み傘のカビのとり方について、家でできる方法をご紹介しました。

まずは、カビがつかないように、折り畳み傘を使った後は、しっかり乾かすことが大切です。

万が一、カビがついてしまった場合は、中性洗剤や重曹を使って傘を洗ってみてください。

水だけで傘を洗っても、カビは落ちないので気をつけてくださいね!