ブルーベリージャムの作り方、冷凍品でレモンなしで作れる簡単レシピ




こんにちは!
現役ママ薬剤師の安美です。

手づくりのおやつって憧れません?
子どもも喜ぶし、体にもやさしい。

だけど、ちょっと面倒くさい・・・。

 

そんな私でも簡単に作れるのが、ブルーベリージャム。

手づくりのブルーベリージャム+ヨーグルトだけで、子ども達は大喜び!

ホットケーキミックスを使えば、簡単にパウンドケーキもつくれちゃいます。

今回は、ブルーベリージャムの作り方とジャムを使った簡単なおやつレシピをご紹介しますね^^

 

 



ブルーベリージャムの作り方、材料は二つだけ!レモンなしでもOK!

ブルーベリージャムはとっても簡単につくれます。

材料も、たった二つだけ!

・ブルーベリー(生でも冷凍でもOK)
・砂糖

私は今回、冷凍ブルーベリーをたくさんいただいたので、それを使いました。

砂糖はきび砂糖です。

1.ブルーベリーの重さに対して30%の砂糖を加えます。

今回使ったブルーベリーは700gだったので、210gの砂糖を加えました。
なじむまでしばらく(10分ほど)放置します。

薬剤師 安美
冷凍ブルーベリーは自然解凍していません。
自然解凍すると、食物繊維であるペクチンが壊れてしまってジャムが固まらなくなるからです。

2.火にかけます。

私はフライパンで煮詰めていきました。

中火でしばらくすると・・・

こんな風に水分が出てきます!

 

3.しゃもじで時々混ぜながら、とろみがつくまで煮詰めます。

火が弱すぎると、水分がとばず、とろみもつきません。

ぐつぐつ、20分ほど煮詰めました^^

出来上がりです!

水分が多めに見えますが、冷ますとしっかり固まっています。

ブルーベリージャムつくりは、レモンなしでもOK!

 

ジャム作りにレモン汁をいれる理由って知っていますか?

それは、レモンのペクチンを利用してジャムにとろみをつける(ジャムを固める)ためです。

あと、酸味をつけたり、色がきれいなまま煮詰めることができるといった効果もあります。

でも、ブルーベリーのように、ペクチンを多く含む果物でジャムをつくる時には、レモン汁なしでもジャムが固まります。

レモンって意外と高いし、使い道なかったりで、
ジャムのためだけに買うのももったいなかったりしますよね!

ブルーベリージャムはレモンなしで手づくりできるので安心してください^^

 

 

手づくりブルーベリージャムでつくる簡単おやつレシピ

つくったブルーベリージャムを使って、我が家でよく出すおやつをご紹介します!

 

レシピ1:ブルーベリーヨーグルト

文字通り、プレーンヨーグルトにブルーベリージャムをのせたもの。

シンプルですが、絶品です♡

レシピ2:ブルーベリージャムパウンドケーキ(バターなし、豆乳使用)

ホットケーキミックスでつくるので簡単です。
混ぜて焼くだけです^^

【材料】
・ホットケーキミックス:180g
・卵:1個
・豆乳:100mL
・オリーブ油:大さじ2
・ブルーベリージャム:大さじ4

【作り方】

1.豆乳とブルーベリージャムをよく混ぜます。

 

2.他の材料を全部いれて混ぜます。

 

3.パウンドケーキ型に入れます。

薬剤師 安美
パウンドケーキ型にはオリーブオイルを薄く塗ります

 

4.180℃で余熱したオーブンで40分焼いて出来上がり!

 

 

さいごに:ブルーベリージャムの作り方、冷凍品でレモンなしで作れる簡単レシピ

というわけで、
ブルーベリージャムの作り方と手づくりジャムを使った簡単なおやつレシピについて、ご紹介しました。

生でなく冷凍ブルーベリ―でも、
レモンなしでも作れます。

とっても簡単でおいしいです。

子どもの喜ぶ顔を思い浮かべながら、ぜひつくってみてくださいね!