市販薬でも買えるクラリチンとアレグラの違い比較と飲み合わせ

市販薬
クラリチンとアレグラの比較
スポンサーリンク

こんにちは。
現役ママ薬剤師の安美です。

花粉症の時期になって鼻水やくしゃみがひどい。
アレグラを飲んだけど、効果がない時にクラリチンも一緒に飲んだらダメなのかな?

同じアレルギー薬のアレグラとクラリチンの効果の違いや飲み合わせ
気になりますよね。

この記事では、アレルギー薬のクラリチン(ロタラジン)とアレグラ(フェキソフェナジン)の違いの比較とその飲み合わせについて、現役薬剤師の私がお話します。

 

スポンサーリンク

市販薬のアレグラ(フェキソフェナジン)とクラリチン(ロタラジン)の違いを比較!

アレグラとクラリチンの違い

花粉症や蕁麻疹で使われる抗アレルギー薬。

有名なものにクラリチン(ロタラジン)、アレグラ(フェキソフェナジン)などあります。
アレルギーの薬としてのくくりは同じですが、アレグラとクラリチンは成分が全く違う薬です。

クラリチンもアレグラも、市販もされているので、薬局やドラックストアで買うことができます。

 

【アレグラ】

・成分名:フェキソフェナジン塩酸塩

・市販薬:アレグラFXなど

・用法用量(飲み方)
15歳以上、1日量120mg、1日2回(60mg錠を1錠/回×2回)、朝と夜に飲む。

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

アレグラの市販薬については、花粉症の市販薬アレルビ、アレグラと値段や効果の違いを完全比較!でも詳しく解説しています。

 

【クラリチン】

・成分名:ロタラジン

・市販薬:クラリチンEXなど

・用法用量(飲み方)
15歳以上、1日量10mg、1日1回、食後に飲む。
*毎回同じ時間帯に服用すること。

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

クラリチンは1日1回だけど、アレグラは1日2回飲む必要がある、
これが大きな違いですね!

 

ちなみに、クラリチンを「食後に飲む」というのは、臨床試験(治験)でのデータが食後の服用だったからです。
その後、食事の影響はないということがわかっています。

ちなみに、クラリチンの活性代謝物であるデザレックス(デスロラタジン)には食事の制限がありません。

 

さらに、クラリチンの市販薬には、クラリチンEX OD錠 といって、水なしで服用できるタイプもあります。(病院での処方薬でいうクラリチンレディタブ錠)

ラムネのように口の中で溶けるタイプの錠剤です。
唾液で飲み込む感じになります。

 

市販薬のアレグラFX、クラリチンEXもスイッチOTC医薬品(病院でもらう処方せんが必要な医療用の医薬品から、一般用になった(=スイッチした)医薬品)です。
セルフメディケーション税制の対象となります。

薬剤師:安美
薬剤師:安美

セルフメディケーション税制については、医療費控除のセルフメディケーション税制で確定申告できるかも!の記事を参考にしてくださいね!

 

アレグラもクラリチンも眠気がでにくい薬

 

アレグラもクラリチンも眠気がでにくいといわれる抗アレルギー薬です。

どちらの医療用の添付文書には「眠気による車の運転禁止」の注意もありません。

 

クラリチンとアレグラの飲み合わせは?

クラリチンで効かない、アレグラで効かない、
だから別の抗アレルギー薬も追加したい、

その気持ちはわかりますが、クラリチンとアレグラの併用はしないようにしましょう。

市販薬のアレグラFXやアレルビとの併用も同じです。

 

実は、皮膚科や耳鼻科などの処方せんの中には、
抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤の2種類が併用される場合もあります。

でも、それは専門医の判断によるものです。

一般的には、併用しません。

クラリチンをやめてアレグラに切り替えるときは、1日以上あけるようにしましょう。
(血中濃度が半分になるのに10時間以上かかり、効果が24時間持続する)

アレグラやクラリチンなどの抗アレルギー薬の効き方や眠気などの副作用の出方には、かなり個人差があることがわかっています。

一度、試しに飲んでみないとわからないところもあるので、併用はせずに、日をずらしてそれぞれを飲んで効果などを確かめることをおすすめします。

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

同じ眠気がないなら、クラリチンの方が1日1回の服用でよくてラクチン!ですよね。
ただ、個人的には、クラリチンの効果は穏やかなイメージがあります。

 

スポンサーリンク

アレグラやクラリチンはロキソニンと併用可能?

 

花粉症や鼻炎がつらくて、頭痛もする・・・そんなこともありますよね?

「クラリチンとロキソニンを一緒に飲みたいけど、飲み合わせが気になる」ということもあると思います。

クラリチンとロキソニン、
アレグラとロキソニン、
どちらも薬の飲み合わせに問題はありません。

もちろん、市販薬のクラリチンEX錠やアレグラやアレルビと処方薬のロキソニンでも大丈夫です。

 

スポンサーリンク

まとめ

ということで、
アレルギー薬のクラリチン(ロタラジン)とアレグラ(フェキソフェナジン)の違いの比較とその飲み合わせについて、お話してきました。

クラリチンとアレグラでは、飲み方(用法)に違います。

また、クラリチンの市販薬には水なしで飲めるOD錠もあります。

そして、一般的には、クラリチンとアレグラの併用はしません。
注意してくださいね!

 

■こちらの記事に、いろいろな花粉症対策をまとめているので、お役立てください!
花粉症の目の痒みや鼻水や鼻づまりに役立つ市販薬【薬剤師おすすめ】

タイトルとURLをコピーしました