冷えピタや熱さまシートの大人用と子ども用、赤ちゃん用の違いとは?




こんにちは!
現役ママ薬剤師の安美です。

 

今回は、市販の冷えピタや熱さまシートの大人用と子ども用、赤ちゃん用の違いについて、お話します。

 

熱を出した子どもがよくおでこに貼っている冷却シート。
冷えピタや熱さまシートとのことです。

最近は、熱中症の暑さ対策でも使われています。

ちょうど大人用の冷えピタしかないけれど、大人用を子どもに使っていいの?

そんな疑問にお答えしていきます^^

 



冷えピタや熱さまシートなどの冷却ジェルシートの原理と効果

冷却ジェルシート自体には、薬のような解熱効果はありません。

でも、発熱時のつらさを和らげることもあります。

 

冷却ジェルシートは、ジェルに含まれる水分が蒸発するときに、体の熱を奪うことで効果を発揮します。

さらに、ジェルに配合されたメントールのスッとする清涼感の相乗効果もあります。

冷却ジェルシートの効果は約8時間持続するといわれています。

また、冷蔵庫で冷やして使うと、冷却効果がパワーアップします。
(ただし、冷凍室には入れないこと!)

 

冷えピタの大人用と子ども用、ベビー用の違い

 

冷えピタシートの大人用と子ども用の違いは、シートの大きさとメントールの量です。

子ども用の冷えピタの方が、小さくて、メントールの量が少ないです。

ベビー用の冷えピタは、無着色、無香料。
さらに、間違って飲みこまないように、苦味を感じる成分がわざと配合されています。

 

 

熱さまシートの大人用と子ども用、ベビー用の違い


熱さまシートの大人用と子ども用の違いも、冷えピタと同じく、シートの大きさとメントールの量です。

子ども用の熱さまシートの方が、小さくて、メントールの量が少ないです。

 

 

赤ちゃん用の熱さまシートは、無着色、無香料です。

 

 

冷えピタや熱さまシートの大人用を子どもに使って大丈夫?

冷えピタや熱さまシートの大人用と子ども用の違いは、大きさとメントールの量です。

なので、
すーっとする感じを子どもが嫌がらなければ、大人用の冷えピタや熱さまシートをきって使っても問題ありません。

冷却ジェルシートは薬ではなく雑貨品です。

特に何歳からという用法用量の制限はありません。

熱さまシートには、このような注意書きがあります。

・大人用:小学校高学年程度(10歳頃から)
・子供用:2歳から

*生後6ヶ月~2歳のこどもには「熱さまシート赤ちゃん用」をおすすめします。

 

 

さいごに

というわけで、
市販の冷えピタや熱さまシートの大人用と子ども用、赤ちゃん用の違いについてお話してきました。

大人用と子ども用の違いは、スーッとするメントールの量と大きさです。

子どもが嫌がらなければ、大人用の冷えピタや熱さまシートを子どもに切って使っても問題ありません。

ただし、かぶれやシートの誤飲などには気をつけてください。