夜の子どもの咳に役立つヴェポラップ、胸以外に足裏に塗るのもOK!




こんにちは! 現役ママ薬剤師の安美です。

日中は元気だったのに、
夜寝るときになると、子どもが咳が出て眠れない・・・
ママも心配になりますよね。

病院に行くほどではないけど、ぐっすり眠ってほしい!
まだ小さな子どもだと、市販薬は年齢制限で飲めない!

そういう時に安心して使えるのが、塗り薬のヴィックスヴェポラッブです。

最近見かけませんが、CMでよくやってましたよね^^

 

そこで今回は、夜の子どもの咳に効果的なヴェポラッブの成分や塗り方について、お話しします。

咳だけでなく、鼻づまりで眠れない時にも使えるのでおススメです!

 

薬剤師 安美
子どもの夜の咳には、蜂蜜(はちみつ)もおススメです!
咳に効く食べ物は?市販薬より子どもの咳止めに効果アリのはちみつ!に詳しくお話ししているので参考にしてくださいね。

 



ヴィックスヴェポラッブってどんな薬?

ヴェポラッブの有効成分

ヴェポラッブって独特のにおいがしますよね(^-^;

あのにおい成分は、l-メントールといわれるもの。
いわゆる薄荷(ペパーミント)の成分です。

鼻通りをよくしたり、炎症を和らげる効果があります。

 

さらに、ヴェポラッブには、薄荷だけでなく他にもハーブ成分が含まれています。

ユーカリ油やテレビン油(松の木)、ニクズク油、杉葉油など。

 

dl-カンフルという刺激臭のある成分も入っていますが、これも樟脳の成分です。

血行を良くしたり、炎症を和らげるはたらきがあります。

 

こうして書いてみると、ヴェポラッブってハーブの塗り薬みたいなもんですね。

まあ、もちろんすべて合成された成分ですが(^-^;

ペパーミントもユーカリも杉や松などの針葉樹林系のアロマ(精油)も呼吸器系によいことで有名です。
咳にはもちろん、鼻づまりにも効果的です。

というわけで、
アロマテラピー的にも理にかなった成分設計だとおもいます^^

やるなー、ヴェポラッブ!!

 

ヴェポラッブを使用できる年齢と回数

 

ヴェポラッブを使うことができるのは、生後6カ月以上の人です。

ティースプーン1杯=3gとすると、

・6カ月ー2歳:3g/回
・3歳ー5歳:4g/回
・6歳ー11歳:5g/回
・12歳以上:6-10g/回

この量を目安に1日3回、使うことができます。
(目安なので、だいたいの量で問題なしです)

夜だけ使うというのでも、もちろんOKです!

 

赤ちゃんの咳や鼻づまりって、特に苦しそう・・・。

そんな時でも、ヴェポラッブは6カ月になっていれば、赤ちゃんでも使えるのがうれしいですよね。

しかも、赤ちゃんに薬を飲ませるのは大変!
塗るだけでOKなのは気軽に使えていいですよね。

できれば薬を飲ませたくない!
ママさんにも塗るだけなら安心ですよね。

薬剤師 安美
市販薬で子どもの咳におすすめは?ママ薬剤師が選ぶ安全な風邪薬でお話ししているように、意外と子どもに使える市販の咳止め薬は少ないんです。

 

もちろん、妊娠中や授乳中の方もヴェポラッブの使用は問題ありません。

ただし、ヴェポラッブは塗り薬なので、絶対に飲まないでくださいね!!

 

薬剤師 安美
ヴェポラッブの貼るタイプのようなものもあります。
カコナールかぜパップは寝苦しい時の咳や鼻づまりに貼るだけで効果的!に詳しくお話しています^^

 

ヴェポラッブには2種類ある!

私が知っているヴェポラッブは、こういう瓶タイプのものでした。

 

 

最近は、チューブタイプのヴェポラッブも販売されています。

チューブタイプの方が、衛生的で使いやすいかも!!

 

 

 

次に、ヴェポラッブの使い方、塗り方についてお話ししていきます^^

 

ヴィックスヴェポラッブの塗り方、胸だけでなく足裏に塗ってもOK!

ヴェポラッブは、

・有効成分の香り成分が、鼻や口から吸入されて、鼻づまりや咳をやわらげる

・有効成分が血行をよくして体を温めて、鼻づまりや咳をやわらげる

こんな風にして、咳や鼻づまりをやわらげます。

なので、基本的には
ヴェポラッブは胸に塗った方が、香り成分が鼻から入って効果的だと考えられています。

 

ただ、ネットなどでは、
「ヴェポラッブを足の裏に塗って靴下をはくと、咳が止まる!」
という情報も多いようです。
(イギリスの民間療法?だとか)

 

この情報の出元や信ぴょう性は不明ですが・・・

アロマテラピー的に考えると、ヴェポラッブを足裏に塗るのは悪くない使い方です。

 

特に、子どもの場合は、ヴェポラッブを足の裏に塗るのもおススメの使い方です!

というのは、
・足裏は精油の吸収が良い部位、

・足の裏は角質層が厚いので、皮膚刺激が心配なときも安心して使うことができるからです。

 

ヴェポラッブは、6カ月の赤ちゃんでも使えるくらい安全性の高い塗り薬です

でも、肌が弱い方で刺激が気になるときは、胸でなくて足裏に塗ると安心ですね。

 

あと、子どもが寝ている時は、
胸に塗ると目を覚ましてしまう時も、足の裏なら塗りやすいと思います。

ヴェポラッブを塗る場所は、
基本的には、胸や背中ですが、子どもや肌が弱い方は、足裏に塗っても問題ありません。

 

さいごに:夜の子どもの咳に役立つヴェポラップ、胸以外に足裏に塗るのもOK!

 

というわけで、
夜の子どもの咳に効果的なヴェポラッブの成分や塗り方について、お話ししてきました。

ヴェポラッブは、6カ月以上の赤ちゃんなら使える塗り薬で、
咳だけでなく、鼻づまりで眠れない時にも使えるのでおススメです!

胸や背中に塗るのが基本的な使い方ですが、子どもや肌が敏感な方は、足裏に塗っても効果が期待できます^^