中学生息子のコロナワクチン接種後の副反応(1回目と2回目)体験記

健康について
スポンサーリンク

こんにちは。
薬剤師の安美です。

中学生の息子のコロナワクチン接種、1回目と2回目が終わりました。

どちらともワクチンの副反応が出ました。
さらに、2回目の数日後には謎の耳下腺の腫れも出ました。

これからお子さんがコロナワクチンを接種するという方の参考になればと思い、中学生の子どものコロナワクチン接種後の経過をまとめました。

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

いずれの副反応も慢性化せずに回復しました。
同じような副反応で不安な方の参考になればうれしいです。

 

スポンサーリンク

コロナワクチン接種後の副反応とは?

新型コロナウィルスに限らずワクチン接種後の起きて欲しくない(起きなくてもいい)体の反応=副反応といいます。

コロナワクチンでも、コロナウィルスに対する免疫がつくだけではなく、副反応が起きる人が一定数いることが報告されています。

厚生労働省のHPによると、
ファイザー、モデルナの両方とも、50%以上に接種部位の痛みや疲労、頭痛といった副作用がみられました。そして、10ー50%で、接種部位の腫れ、筋肉痛や関節痛、発熱などがあります。

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

コロナワクチンの効果は十分に理解していますが、やはり、副反応、とくに息子の場合は心筋炎のリスクが怖いです。
(心筋炎の副反応は、若い人、とくに男性に多いと報告されています)
報告では軽症のみと聞きますが、やはり命に関わることですからね・・・。

 

スポンサーリンク

中学生の息子のコロナワクチン接種1回目の副反応

中学生の息子は、市の集団接種でファイザー製のコロナワクチンを接種しました。

風邪などで受診する近くの小児科では、コロナワクチン接種をしていなかったので、かかりつけ医での接種はできませんでした。

 

 

1回目の接種当日の副反応は、接種部位の痛みのみ。

腫れたり赤くはなったりはしていないもののかなり腕は痛いそうです。

次の日もいつも通りに元気に登校していきました。
ただ、念のため部活(運動部)は休ませました。

1回目のコロナワクチン接種からまる1日がたって(24時間後)、
膝の関節痛とおしりの筋肉痛の副反応が出てきました。

これまで経験したことがないタイプの痛みだそうで、本人も困惑していました(^-^;

 

私もコロナワクチン接種で腰痛や下半身の痛みなどの副反応がでたので、もしかしたら似ているタイプ?なのかもしれません。
発熱はありませんでした。

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

 

スポンサーリンク

中学生の息子のコロナワクチン接種2回目の副反応

腕の痛みや微熱、関節痛、悪寒などの一般的な副反応は出た!

そして2回目のコロナワクチン接種。

 

接種当日は、腕の痛み(軽い)だけでしたが、次の日の朝には、腕の痛みがかなり強くなったそうです。
(だけど、着替えは自分でできる)

通常通りに学校に行って帰ってくると、
・足の痛み(膝の関節痛)
・寒気
・頭がぼーっとしてだるい。
といった腕の痛みに加えて、違う副反応が出現してきました。

やはり接種後24時間くらいが副反応が出るタイミングのようです。

 

熱は微妙な36.9℃。
だけど、食欲はあって、おやつも夕食もいつも通り。

その後、テレビを見てましたが、
寒い寒いと言い出し、熱を測ると、37.5℃。

寝る前は、38.1℃。

寒いけど熱いという、変な感じだそう…。

心配しましたが、どうやら39℃を超えるような高熱は出なかったようです。

 

発熱のピークを越えた接種後2日目の朝は、腕と脇の下、背中の痛みと倦怠感の副反応が残っていました。

熱はもう36.6℃でしたが、
本人がだるいし休みたいというので、大事をとって学校はお休みに。

(仕事の休みをもらっていてよかった!)

 

医師からはコロナワクチンの副反応じゃないと言われた耳下腺の腫れ

高熱が出ることもなくもう副反応は終わりかなと思っていた4日目、

「なんか耳の下あたりが腫れてる気がするんだけど…」と息子。

確かに、なんだかぷっくりしています。
でも、発熱もなし。

でも、どんどん腫れはひどくなっていきました。

しかも、口を開ける時が痛くて食べ物がうまく噛めないらしい。

食欲はあるけど食べられないというかわいそうな状態…。

 

実は、彼は5、6年前にも片方の頬だけ腫れたことがあります。
その時は検査をしておたふく風邪ではなく、耳下腺炎と診断されました。

(おたふくかぜの予防接種(ムンプスワクチン)は接種済みです)

 

次の日、小児科を受診しました。

おたふく風邪と確定診断はできないものの、「疑わしきは休む」というわけで、腫れている間は学校には行けませんでした。

 

腫れは、耳の下→耳の裏→顎のあたりと移動しながら、3日ほどで治まりました。

はじめの1日は痛みと食べれないのと微熱でつらそうでしたが、その後は腫れはあってもいたって元気。
学校に行けずに暇そうでした(>_<)

 

 

コロナワクチン2回目から4日後に腫れ始めたわけで、

「もしや副反応?」とどうしても疑いたくなりますよね?

聞いてみましたが、小児科の先生はそんな話は聞いたことないと…。

うーん、偶然なの??
でも、明らかにコロナワクチンの後、一時的とはいえ、あっちこっちに痛みや腫れがでているけれど…。

 

薬剤師:安美
薬剤師:安美

ちなみに、おたふくかぜ=流行性耳下腺炎とふつうの耳下腺炎の診断の区別は難しいらしいようです。
今回も頬のエコー検査してもらって、おたふくかぜの可能性が高いと判断されたようですが、結果として、たぶん違ったようです。
(1か月後に抗体検査を受けに行きます)

 

子どものコロナワクチン接種に悩むお母さんへ

こうしてなんとか無事に中学生息子のコロナワクチン接種は終わりました。

 

ただ、個人的には、現在の感染状況などを考えると、
「持病もなく健康体であることが前提ですが、
迷うのならば、接種せずにしばらく様子を見るのも選択肢のひとつ」と思います。

 

というのは、
かなりの高確率でワクチンの副反応が出ますし、学校を休む必要もあります。
結構、負担になる行為だと思います。
(しかも将来的なリスクは問題ないと考えられているけど、まだ誰にもわからない)

 

我が家も当初は接種せずに様子を見るつもりでしたが、本人の希望により接種することになりました。

(周りがほとんど接種していたようで、接種しないことに対する不安が大きくなったようです。)

接種後の副反応の心筋炎などを心配したので、
激しい運動をしないでいいように、部活動の大会や練習予定にかぶらず2回の接種予約をするのが大変でした。

念のため、もし接種するとしたらどこで接種できるか、接種券の期限などを確認して、情報もつど更新しておきましょう。

 

さいごに:中学生息子のコロナワクチン接種後の副反応(1回目と2回目)体験記

今回は、中学生息子がコロナワクチンを受けた後の副反応についてお話ししました。

1回目の接種後は、接種部位の痛みや膝の関節痛、おしりの痛み(筋肉痛)といった副反応がありました。
2回目の接種後は、接種部位の痛み、膝の関節痛のほかに、微熱、悪寒、倦怠感、ワキの下の痛みといった副反応がありました。
また、2回目接種後4日目から片方の耳下腺が腫れておたふく風邪のような状態になりました。
(3日間ほどで腫れはひきました)

長引く副反応はありませんでしたが、2回目の接種後は学校を休むことにもなりました。

インフルエンザの予防接種などと比べると、子どもへの負担は大きいと感じています。

今後、他のタイプのワクチン開発など改善を期待します。

タイトルとURLをコピーしました