薬局や病院の時間外は何時から?開業時間内でも値段が違うので注意!




こんにちは!
現役ママ薬剤師の安美です。

病院や薬局で支払う医療費は、
時間によって違うこともあるって、知っていますか?

診察時間内、営業時間内であっても、
時間帯によっては、時間外加算をとられて、医療費が余計にかかることがあります。

 

緊急時はしょうがないですが、
急ぎでない時は、余計なお金は払いたくないですよね^^;

というわけで、薬局や病院の時間外利用について、詳しくお話していきます。

 



薬局の時間外加算は何時から?薬代はいくら高くなる?


薬局を時間外に利用すると、通常の料金+時間外加算が追加されます。

3割負担の場合、薬代が120円増えます。

【薬局で時間外加算される時間帯】
*夜間・休日等加算

平日:午前0時~午前8時、午後19時~午前0時

土曜日:午前0時~午前8時、午後13時~午前0時

通常の薬局の開業時間内でも、
この時間帯に処方せんを出して薬を調剤してもらうと、加算されてしまいます。

 

特に注意しないといけないのが、
平日の午後7時以降と土曜日の午後1時以降です。

閉まる直前は空いているだろう、
仕事が終わってから行こう、
そう思っていると、19時過ぎてしまいがちですよね。

土曜は休みだから、朝はゆっくり過ごしていこうと思っていたり、
病院が混雑していると、
13時も過ぎてしまうかもしれないですね。

もしかしたら、これまで知らない間に、時間外加算をとられているかもしれません・・・。

処方せんは4日間有効なので、
急ぎでない場合は、翌日の開業時間内に調剤してもらうのも一案ですね。

 

病院の時間外加算は何時から?値段の違いは?

薬局と同じように、病院にも時間外加算があります。
医療費がその分、割り増しされます。

特に、仕事をしているお母さんにとっては、
平日の夜19時まで診察してくれる病院はありがたいものです。

保育園や小学校が終わってからでも、なんとか間に合いますもんね。

ですが、
診療時間内であっても、
時間帯によっては、通常料金+時間外加算がつくことがあります。

3割負担の場合、診察代が150円増えます。

 

【病院で時間外加算される時間帯】
*夜間・早朝等加算、診療所(一般的な開業病院)のみ

平日:午後18時~午前8時

土曜日:午後12時~午前8時

 

つまり、受診した病院の診療時間が19時までだとしても、18時以降に受診すれば、時間外加算料金をとられます。

ただ、18時までに受付したらセーフのことが多いようです。

 

子どもの診察代は、医療費補助で無料だから、
気にせずに受診する!
ではなくって、緊急で必要なときだけにしたいですね。

できるだけ、平日の18時までに受診するように気をつけたいですね。

 

さいごに

というわけで、
薬局や病院の時間外利用について、詳しくお話してきました。

診察時間内、営業時間内であっても、
時間帯によっては、時間外加算をとられて、医療費が余計にかかることがあります。

緊急時はしょうがないですが、
急ぎでない時は、余計なお金は払いたくないもの。

ちょっとした心がけで、医療費を節約していきましょう!