超推薦!シロカsiroca全自動コーヒーメーカーSC-A211の使用レビュー




こんにちは。
ママ薬剤師の安美です。

突然ですが・・・
私、大のコーヒー好きなんです!!

家では、必ずドリップしたコーヒーを飲んでいます。

そんな私に、母が豆からひいていれるミル付きの全自動コーヒーメーカーをプレゼントしてくれました!
シロカsirocaのSC-A211です。

毎日、愛用しています^^


わざわざカフェに行かなくても、
お家でも、香り高くて美味しいコーヒーが飲みたい

ミル付きのコーヒーメーカーに興味があるけれど、迷っている

私も同じことを思っていました。

今回は、愛用中のシロカsirocaの全自動コーヒーメーカーのメリット・評判まで、できるだけ丁寧にまとめてみました。

 

 



ミル付き全自動コーヒーメーカーがやってくるまで

 

シロカのコーヒーメーカーがやってくるまで、我が家にはコーヒーメーカー自体がありませんでした。

一日一回は必ずコーヒー飲むのに、なぜ買おうと思わなかったか・・・

ハンドドリップで淹れていたので、まあ緊急性というか、どうしても欲しい!がなかったんですよね^^;

 

ただ、買ってきた粉で淹れていたので、
だんだんとコーヒーの香りがなくなって、味もイマイチになる。

粉を買い忘れて飲めない時がある。
こんな不満も感じていました。

特に、カフェで美味しいコーヒーを飲むと、やっぱり家とは違うなあっておもったり。

 

豆からひいて淹れたら、いつでも香りがよくて美味しいコーヒーが飲めるのに。

そう思って、コーヒーミルを買ってみたものの、
やっぱり面倒くさい!

ミルの掃除が大変!
(見た目に惹かれて、木製のミルを買ったのが失敗でした^^;)

ミルの周りにも飛び散って掃除が大変!

残念ながら、コーヒーミルは使いこなせませんでした。

 

で、ミル付きの全自動コーヒーメーカーがあることを知り、
同じくコーヒー好きの母と、よく話題にしていたんです。

母も興味津々!
だけど、使いこなせるか心配だったらしく・・・

「まず、あなたが使ってみて、よかったら私も買う!」
なんとも不思議な理由で母からプレゼントされました。

こうして、シロカsirocaの全自動コーヒーメーカーSC-A211が我が家にやってきました(笑)。

(ここだけの話、私は無印良品のコーヒーメーカーを狙っていました^^;)

 

 

シロカsirocaの全自動コーヒーメーカーSC-A211を実際に使った感想

 

せっかくなので、まずは実家で使ってみました。

単純なつくりなので、説明書を読みこまなくても使えました!

 

STEP1:豆を入れる

シロカのコーヒーメーカーに豆をいれたところ

*豆の量は説明書に書いてあります。
マグカップ量 1杯:豆15g
ティーカップ量1杯:豆12g

ちなみに、説明書によると、このシロカのコーヒーメーカーにおすすめの豆は、中煎り豆だそうです。
(豆の固さと油分がちょうど真ん中程度のもの)

私は、スーパーで売っていたUCCの豆を使っています。

 

STEP2:フタをする

 

STEP3:サイドの上部をひらいて、水をいれる

シロカのコーヒーメーカーに水をいれたところ

*ホットコーヒーの場合でも、マグカップ量とティーカップ量で水の量が違うので注意です。
(私は、ティーカップ量でやってしまって、出来上がりが少なくてビックリしました^^;)

 

STEP4:つくりたいコーヒー量につまみ(右側)をあわせる

*コーヒー1,2杯=1、3,4杯=2にあわせます。

 

STEP6:スタートボタンを押して、しばし待つ!

使い方は、本当に簡単でした。

が、スタートボタンを押すと、コーヒーミルのすごい音にびっくりしました。
(ほんの数分間です。)

できあがり!

 

出来上がったコーヒーは、香りが違いました!

やっぱり豆からひいて淹れるとおいしいですね。

スーパーで買った豆でも、カフェのコーヒーのようで、大満足です。

「香り高くて、味がまろやか!」と母も喜んで飲んでいました^^

 

 

シロカsirocaの全自動コーヒーメーカーSC-A211のメリット・デメリット


シロカ全自動コーヒーメーカーのメリットとデメリットをまとめました。

私が実際に使って感じた事を、そのまま隠さずに書いてます。
参考にしてくださいね!

シロカsirocaの全自動コーヒーメーカーSC-A211のメリット

■メリット
・豆からひいた美味しいコーヒーを、全自動でつくってくれる

・香りのよいコーヒーを飲むことができる

・操作が簡単

・カフェに行ったり、お店で買うよりもコストパフォーマンスがよい

・コーヒーメーカー自体の値段が1万円以下なので、試しやすい

メリットは、上記の通りです。

何と言っても、全自動で豆からひいたコーヒーが、お家で飲めることがうれしいです。

使い方もカンタンです。

コーヒーメーカーはもっと高価なものもありますが、シロカのコーヒーメーカーは手頃でコストパフォーマンスがよいです。

 

 

シロカsirocaの全自動コーヒーメーカーSC-A211のデメリット

■デメリット
・ミルの音がうるさい

・フィルターなどの掃除が面倒くさい

ミルの音はうるさいですが、数分間なのであっという間です。
私も母もたいして気になりませんでした。

それよりも、掃除がちょっと面倒です。

 

コーヒーを淹れた後は、ミル部分はこんな感じになっています。

この豆の残骸を捨てて、洗う手間があります。

蓋についたフィルターも含めて、この3つを洗わないといけません。

でも、水でザーッと洗えばいいだけです。

 

コーヒーの美味しさに感動したものの、
母がこのコーヒーメーカーを買わない理由は、掃除が面倒くさいからだそうです。

使いきりのドリップパックコーヒーで我慢するとのことでした。

豆からひいたコーヒーが飲みたくなったら私のところに遊びにくるそうです^^;

 

 

シロカsirocaの全自動コーヒーメーカーSC-A211はこんな人に向いている


私が思う、「こんな人は向いている」
というのをまとめてみました。

あなたが当てはまるなら、ぜひシロカのコーヒーメーカーを使ってみて下さい!

 

■向いている人
・コーヒーが大好きな人

・コーヒーの香りも大好きな人

・豆からひいた美味しいコーヒーをお家で飲みたい人

・コーヒーメーカーを使うのが初めてで、まずは試してみたい人

コーヒーメーカーを買うのは初めてでしたが、あると便利だな!というのが正直な私の感想です。

どうせ買うなら、豆からひいたコーヒーを淹れることができるもの方が絶対にいいです。

シロカのコーヒーメーカーはコストパフォーマンス的にも優秀です!

もっと早く出会いたかったと本当に思ってます^^

 

今すぐこちらでチェック!

 

 


さいごに:超推薦!シロカsiroca全自動コーヒーメーカーSC-A211の使用レビュー

というわけで、今回は、シロカsirocaの全自動コーヒーメーカーSC-A211の使用レビューをメリット・デメリットを含めて詳しくお話しました。

正直、掃除が少し面倒ですが・・・
香りのよい美味しいコーヒーを飲むことができるので、苦になりません。

一万円以下で買えるコストパフォーマンスも魅力的だと思います。

私と同じく、コーヒー好きなあなた!
ぜひ、この機会に試してみて下さいね。