カモミールティーの効果と飲み方、スタバで人気のノンカフェインティー




こんににちは。
ママ薬剤師の安美です。

私はハーブも大好きで、自分でハーブティーをブレンドしたりしています^^

中でも、カモミールは子ども達も大好きなハーブティーです。

メジャーなハーブティーのひとつで、スタバのメニューにもあるくらい!

カモミールティーは、ノンカフェインなのもうれしいところ。

そこで、今回は、カモミール(ジャーマンカモミール)の5つの効果とオススメの飲み方、カモミールティーラテの作り方について、お話します。

 



カモミールティー(ジャーマンカモミール)の主な5つの効果

カモミールにも種類がいろいろあります。
ハーブティーとしては、ジャーマンカモミールとローマンカモミールが主です。

今回は、一般的によく使われるジャーマンカモミールについて解説します。

カモミールティーには、主に5つの効果が期待できます。

 

痛みをやわらげる

ジャーマンカモミールのアピゲニンという成分が、痛みをやわらげます。

頭痛や腹痛、筋肉痛、月経痛などの痛みをやわらげます。

 

安眠、リラックス効果

ジャーマンカモミールに含まれるアピゲニンという成分には、神経を興奮させる物質(ドーパミン)の影響を抑えるはたらきがあります。

ストレスや不安、緊張が続くときに、カモミールティーを飲むことで、神経を鎮めてリラックス効果が期待できます。

夜に飲むと安眠できるといわれています。

カモミールティーはノンカフェインなので、寝る前に飲むのも安心ですね。

安眠ハーブティーについてはこちらのブログ記事も参考にしてくださいね。
寝る前の飲み物にオススメ!リラックス効果がある4種類のハーブティー

 

ニキビや肌荒れ、口内炎など炎症をやわらげる

カモミールに含まれるカマズレン、マトリシンという成分には、炎症を和らげるはたらきがあります。

ハーブティーとして飲むだけでなく、ニキビや肌荒れといったスキンケアにも使われます。

 

胃腸のはたらきをよくする

アピゲニンには、体の筋肉のけいれんを和らげるはたらきもあります。

炎症を和らげる成分との相乗効果で、胃炎、胃痙攣、ストレス性の下痢にもよいです。

「ピーターラビット」のお話で、
お腹をこわしたピーターにお母さんがつくってくれたのが、胃腸にやさしいカモミールティーでした^^

 

発汗作用、体をあたためる

カモミールには、体をあたためて、発汗させるはたらきがあります。

なので、風邪やインフルエンザの初期に起きる寒気や頭痛に効果的です。

リラックス効果や痛みや炎症を和らげるはたらきと、体があたたまって血行が良くなる相乗効果で、月経痛の緩和も期待できます。

私は、お腹の調子が悪い時や冬に寒気を感じた時は、必ずカモミールティーを飲みます。

子ども達もカモミールが入ったブレンドハーブティーは大好きです。

子どもでも安心して飲めるハーブティーですが、キク科アレルギーの方は、注意してくださいね。

 

スタバのメニューにもあるカモミールティー、オススメの飲み方はカモミールティーラテ!


カモミールティーは、スタバのメニューにもあります。

スタバのカモミールティーは、ラベンダーとブレンドしたノンカフェインティーです。

(セルフサービスでハチミツを無料でトッピングできるので、甘さが欲しい方は試してみてくださいね。)

 

さらに、牛乳を入れたカモミールティーラテもスタバで人気です。

カモミールティーラテは、眠れない夜の飲み物としてもオススメです。

スタバでなくても、カモミールティーラテ(カモミールミルクティー)は、お家で簡単につくることができます。
ご紹介しますね!

 

簡単なカモミールティーラテの作り方

1.牛乳200mLを鍋にいれる

2.ジャーマンカモミールの花を5〜10個入れて、火にかける

3.あたたまってきたら、弱火で2~3分ほど煮出す

4.茶こしで濾してできあがり!

私はあえて、鍋で煮だしてつくるのが好きです♡

そんなこと、面倒くさい!!という方は、
レンジであたためてホットミルクをつくって、普通に淹れたカモミールティーを混ぜてもいいですよ~。

 

さいごに

というわけで、
ジャーマンカモミールの効果とオススメの飲み方、カモミールティーラテの作り方について、お話してきました。

カモミールの効果は主に5つあります。
・痛みを和らげる
・安眠、リラックス効果
・炎症をやわらげる
・胃腸のはたらきをよくする
・体をあたためる

スタバで人気のカモミールティーラテも、簡単に自分で作ることができます。
ぜひ試してみてくださいね!